interessante(インテレッサンテ)はイタリア語。英語のinterestingにあたります。


by pinkpinkchampagne
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:舞台( 40 )

玉三郎さんお目当てで、銀座和光のトークショーに行ってきました。

本日から10日(木)まで和光ホールにて、坂東玉三郎さんの写真展が開催されています。
初日の今日はトークショーも開催されました。
最近テレビ番組にもペアでご出演のこのお二人。なんと37年間かけて篠山紀信さんが取り続けた数多くの写真が、今回素晴らしい写真集となって発売されることになりました。


そのお値段、

             38,000円~500,000円!!!


今回この会場で売られている、ポラロイド写真は、
  
             300,000円~700,000円!!!




桁、間違ってないですよ~~~


玉様、、さすがやることが桁違いです!


今日のトークショーではこの「写真」についてのお話がメインでした。
私は立ち見でしたが、玉様のお近く、2メートルほどの距離で拝見することが出来ました。
今年57歳になる玉様、お肌がつるつる☆さすがです。
おうちではやはりケアに時間をかけているそう。

納得です。
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2007-05-04 21:31 | 舞台

壽初春大歌舞伎

久しぶりの歌舞伎座、夜の部。お目当ては大好きな玉三郎さまと勘三郎氏。
1月にふさわしい、華やかな演目が並ぶ中、中でも金閣寺、鏡獅子は特に見ごたえたっぷり。

歌舞伎の「三姫」の一人である「雪姫」演じる玉さまは、じ~~~つ~~に美しく・・・瞬きさえもわすれてしまう・・・( 〃▽〃) そして思わず「はぁ~」っとためいき。。本当に美しい人を見ると、ホントにため息ってこぼれるのね。。。玉さまの美しさには涙までもこぼれてしまう。。

話の展開もわかりやすく、構成も、役者それぞれもなかなかよかった。

玉三郎さんの美しさと演技のうまさにはいつ見ても感動☆




続いて勘三郎の鏡獅子。私はちょうど「さらば勘九郎」という本を読み終わったばかりだったので、この作品や、勘三郎、そして六代目に対する気持などを少し理解した上での観劇だった。


この鏡獅子に関して勘九郎は

『勇壮に見える獅子よりも、楚々として踊る弥生の方がずっと筋肉を使っていることがわかった。確かに弥生になって踊るときには、終始「中溜め」といって腰を落としながら姿勢を保っているんだね。・・・・(中略)

いつも鏡獅子をやるときは2時間前に楽屋に入りお風呂に入って身を清めて誰にも会わずに化粧をしてもう開演の15分前には舞台の上手に行って、座って待っているという。』
小松成美著「さらば勘九郎」より

と語っていた。


このような作品に対する緊張感、確かに感じられた。
他のどの役者とも違う空気を感じられ、鏡獅子を踊ることにに対する徹底的な執着心からくる気持ちがこめられているのを感じた。
実に隙のない演技だった。
この鏡獅子は実に大変な芝居のため、60歳ぐらいまでが踊れる限界だと考えているようだ。1ヶ月間毎日演じきると、相当ぐったりしてしまうらしい。

このような徹底的な演技をするにあたって、相当な稽古をつんでいるのであろう。





素晴らしいと評される人物でさえ、人並みならぬ努力をしているのに、私なんかは寝ずに努力をすべきなのになあ、、、
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2007-01-17 23:30 | 舞台

島田歌穂舞台・飢餓海峡

大好きな歌穂ちゃんの舞台「飢餓海峡」を観に行った。

ミュージカル女優として名高い、島田歌穂。今回は「舞台」である。
そのタイトルも「飢餓海峡」。

・・・なんか暗そう。



場所は新宿紀伊国屋ホール。このビルの3台のエレベーターは狭く、いつも本屋の上階に行くのにも時間がかかることからもわかるように、この建物は結構古い。よって、4階にあるこのホールも非常に古い。
客席は418席。客層は50~70代の人が7~8割といったかんじか。

このストーリー、私は今回初めて知ったが、かなり有名な話だそうで、
役者なら挑戦してみたい作品の一つなのだそう。



舞台は休憩含めて3時間あまり。しかし、この作品、さすがに奥が深そうだ!ミステリアスな部分もあり、是非本でも読んでみたい!だって、このタイトルだってとても意味深・・・

役者人は皆、とても上手だった。テンション高く、当然かもしれないがとても大きな声で。一回の舞台を終了するだけで、かなりな体力を消耗することだろう。。
それくらい迫力のある素晴らしい舞台だった。
そして、基本は津軽弁。今も耳に残る~~~特徴のある舞台だった。



※帰り、しばらく歌穂ちゃんを待っていたが、、出待ちシッパイxx
今回は会えませんでした~~(涙)
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-11-17 23:30 | 舞台
気がついたら、来年のレミゼ、キャストスケジュール(6・7月分)が発表になっていました~。


今回スペシャルメンバーの参加がありますが、前回の『スペシャルヴァージョン』のやり方とは違って、いろんな日程にオリジナルメンバー、新しいメンバーを組みこんでいました。


早速コピーして、絶対に欠かせない歌穂ちゃん、そして岡さんのところに蛍光マーク!!岡さんは大きな役、2役あるので、スケジュール的にあっちも、こっちもといそがしいっ!!


うわぁ~いまからドキドキ☆
頭の中で歌がまわる~~~♪
それだけでもうるうるしてしまいそう・・・('_')




絶対にチケットGETしなければっo(>_<)o
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-09-08 15:16 | 舞台
岡さんのニューアルバムリリース記念コンサートSomething Womderful THE PRAYER が東京オペラシティにて行われました☆
今回は新日本フィルハーモニー交響楽団をバックに岡さんが歌い上げます!!

まずはオーケストラならでは!のカヴァレリアルスティカーナの間奏曲から始ま
りました。実はCDの中では日本語歌詞で歌っているのですが、今回は本来の演奏のみ。それもまたステキなスタートとなりました。

そして真っ白なスーツで岡さん登場☆オーケストラの皆さんが黒い衣装なのに対して、非常に華やかでした☆

そういえばこのオペラシティで音楽を聴くのははじめてかも。。とても贅沢なスペース使いの、明るいステキなホールです。
岡さんの歌声は演奏とぴったりで、とても美しいものでした☆彡このような美しいものを真剣に受け止めると、それはまさにデドックス!!私にはこの時が一番効いているような気がします。


ゲストに石井一孝さん登場☆長年のお付き合いの石井さんが岡さんに自作の歌のプレゼント♪その後ジギルとハイドから1曲。そして、エリザベートから1曲デュエット。2人ともうまいっ(≧▽≦)私はこの二つの作品、観れていないので、いつの日か観たいな~と思いました。

その後RYUさん登場。流暢な日本語、すごいですね~。
冬ソナ、歌ってくれましたよ。この曲のタイトル、「最初から今まで」っていう
の、初めて知りました(^o^;韓流、見ないもので・・・
実に良いタイトルですね!

引き続き、岡さんの高いきれいな声。。。そして通る低音に酔いしれているうちに・・・( 〃▽〃)あっというまに第一部終了。


第2部はアルバム第一曲目に収録されている「ピエ・イエス」。
キリスト教の信者であった死者を追悼するための音楽、レクイエム。その中の「神の子羊」の典礼文を一部変えた歌です。
Pie Jesu, qui tollis peccata  dona eis requiem.
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi  dona eis requiem sempiternam.

   世の罪を除きたもう慈悲深きイエスよ、
    彼らにやすらぎを与えたまえ

   世の罪を除きたもう神の子羊、
    彼らに永遠のやすらぎを与えたまえ

 今回のアルバム及び、コンサートのタイトルにふさわしい1曲なのですね。
(もちろんPRAYERという曲も収録されていますが)

その後は吉岡小鼓音さんをゲストに、オペラ座の怪人から3曲。お2人ともかつての役を懐かしみながら歌っていらっしゃいました。。。オペラ座の怪人は最近観ただけあって、はまりやすかったです。やっぱり知ってると断然楽しいですね。

ラストはいまや誰でも知っている「誰も寝てはならぬ」オペラアリアの傑作の中の傑作です!!ここでは日本語での歌ですが、オーケストラとぴったりなかんじでじっくり聴かせていただきました( 〃▽〃)


アンコールでは今年の岡さんのテーマでもある出会いのテーマから選曲して「めぐり逢い」そして、AmagingGrace・・・本田美奈子さんを思いながら歌われてる姿を見て美奈子さんの声も一緒に聞こえてきそうで、泣かずには聴けませんでした(;_;)特に、アカペラで歌われてたので!!!より一層、心に直接響き、感動でした☆


ここ1年、オーケストラの舞台に触れる機会がちょっと増えました。
去年の武道館、やっしゃんの「ロックンロールオーケストラ」に始まり、6月の歌穂ちゃんのコンサート、めざましクラッシックス、岡さんのコンサート、そして、年末の武道館もオーケストラ!私は演奏より歌の方が好きなので「クラッシック」を聴きに行く機会はあまりないのですが、このような、オーケストラコンサートで演奏の魅力に少し近づくことができたような気がします☆

   
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-08-23 23:09 | 舞台
今日は岡さんCD THE PRAYER~祈り発売記念トークショーが銀座山野楽器にて行われました♪

岡さんは劇団四季出身、現在も舞台俳優としてご活躍です!!
端正な顔立ちに185センチの長身。。水泳で鍛えられ、引き締まった体に、あの歌声と演技ときたら・・・(☆0☆)舞台ファンの憧れの的です!
それでいてオモシロイ方なのです(≧m≦)



今朝は7時から山野楽器の前に並び・・・整理券3番をGET☆
おかげで1列目真ん中の席に座ることができました♪

岡さんは黒いシャツに光沢のある黒ジーンズ、今日の私のラッキーカラーだったグリーンのアクセサリーを身につけ登場(☆0☆)


・・・う~ん、ステキ☆☆☆



今日は歌は歌わないということで、おしゃべりの1時間でした。


とっても気さくなおしゃべり。。キレイな言葉を遣いながらのラフなおしゃべりはとても心地のいいものです♪岡さんのように敬語、謙譲語、丁寧語をきちんと使っている人、多くないように思えます。改めて日本語の美しさを感じることができました。

今回のCDのお話から質問コーナーへ。。。
私も質問させていただきました♪
岡さんは5歳のころから字を習われているということで、、、ほ~んとにものすごく達筆でいらっしゃいます☆よく楽屋にはお花を生けられることもあり、そのあたりのことを伺ってみましたぁ~。

いやぁ~、もう、ホント、、ス・テ・キ ( 〃▽〃)

今も購入したCDをうっとり聞きながら書いていますが、、ほ~んとステキ。いま、私の周りにはステキがいっぱいです☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°


こ~んなに声のキレイなヒト。。ほんと素晴らしいです☆


そして、やっぱり手がキレイ☆手&腕フェチの私にはたまりませんっ!!!


私も大好きなレ・ミゼラブルのお話もされていました。当然ながら、私が熱く語りたい!以上にアツク熱く語っていらしたこと、とても印象的でした。私が観た分の20倍以上も出演されている岡さん。。その熱い思い、もっともっとじっくり聴き、話したかったです!!
今回の収録曲、ジャンバルジャンが歌う名曲Bring him home と~~ってもステキです☆

今回のCDはオペラ、ミュージカルの歌が多く。。。それはそれは美しい☆
うっとりしまくりです。有名どころの曲揃いなので、お勉強にも最適です!
オペラの曲もすべて日本語に訳され歌っています。ご本人もおっしゃっていましたが、オペラを日本語に訳すと、やはりその性質上難しいところがある。。私もそれを少々危惧していたのですが、これはこれで、この歌の印象を改めてしっかり抱ける利点を見つけました。
何度も聴いて耳に焼き付けたいと思います。
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-08-01 23:11 | 舞台

めざましクラッシックス

今日はサントリーホールです。
今回のお目当てはズバリ☆岡さん☆なんと4列目の席をGET!!

このめざましクラッシックス、私は初めてだったのですが、軽部アナウンサー司会、高嶋ちさ子さんがメインで行われているものです。
高嶋さん、顔、ちっちゃ(@_@)!!!あの小さい顔の中にパーツが整っていて、とてもかわいかった。。そしてすごく気さくでおもしろい方でした。
高嶋さんはずっと出ずっぱりで、ゲストが何組か登場します。まずはバイオリニストの古澤巌さん。斬新でものすごくステキでした☆
私はクラッシックはあまり聞きに行く機会がないのですが、今回、バイオリンの繊細な音色をじっくりと聞くことができ、とても心地の良い時間を過ごすことができました。実にきれいなその音色は迫力のある音、そして小さくてもしっかりした音、・・・・な~んて、言葉で表現しきれないその素晴らしさ。。やっぱり偉大な芸術です。

第2部ではバレエ。白鳥の湖第2幕でした。
普段バレエを行う時、オーケストラは舞台の下で演奏するため、是非一度舞台上で一緒に演奏して見たかった!という高嶋さん。ごもっともなご意見!新しい試み、とてもステキでした。
実はバレエもあまり見たことがなかったので、うれしいコーナーでした♪
軽く飛びながらも、全身にすごく神経を使っていて、いかに美しく見せるか、そして豊かな表現力を求められながら踊っている。。。そんなシーンを間近で見ることができ、楽しむことができました。

そしてそして!お待ちかね!歌のコーナーに入るわけですが。
まずはシルビアグラブさん。迫力のある歌唱力で聞かせてくれました。
そしていよいよ岡さんの登場ですっo(≧▽≦)o
少し前まで1ヶ月余りタイを中心に過ごしていた岡さん。少し黒くなって、お顔が小さくなっているかんじでした。
衣装は白のスーツ!スタイルのいい体に映えてました☆
まずはレミゼラブルの中から「スターズ」。そしてウエストサイドストーリーから「マリア」もう、、うっとり( 〃▽〃)「マリア、マリア、マリ~ア~」と歌う歌声に。。マリアになりたいっ!!!とおもってしまった・・・迫力のある歌声がサントリーホールいっぱいに響き渡り、それは美しい~~~っ歌声でした!!
そしてシルビアさんと一緒にエリザベートからデュエットを1曲。
美しい美しい岡さん、でも、気さくなトーク。。そのギャップがおもしろかったです。
岡さんを見つめているうちに、何度か目が合った(☆0☆)(とおもう。)!!きゃあぁぁぁぁあああ~とおもいながらも目をそらさないよう頑張っていました!
軽部さんとのデュエットもおもしろかったです!!軽部さん、よく歌えてましたよ!!


なんともおなかいっぱいのコンサート。大満足で帰路につきました・・・♪
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-07-23 23:26 | 舞台

オペラ座の怪人

劇団四季のオペラ座の怪人に行ってきました。
四季劇場「海」は初めてです。新しい劇場とあって、座席も前列とずらした配置になっており、見やすかったです。

ストーリーはわかりやすく、舞台も凝っていて面白かったです。
この作品は一言でいえば、「オペラ座の怪人(ファントム)のせつなさ」でしょうか?
言わずと知れた有名な作品です。観る前にはメインの曲をチェックしておくことをお薦めします☆

劇団四季の舞台はいくつか拝見しましたが、やはり「四季らしさ」が良い意味でも悪い意味でもあるように感じます。
レベルの高い役者がそろい、常に整った舞台。
・・・それが逆に私にはどれも整いすぎてしまっているように感じられます。
なので、違う作品を見ても似たような雰囲気が感じられてしまうのです。。。
もっと役者の個性が感じられる作品の方が私は好きかな~
・・・あくまで好みですが。
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-07-22 23:37 | 舞台

2007年レミゼラブル

来年のレミゼラブルのキャストが発表されました☆
f0051177_11424629.jpg

岡さんのジャベール!また見られます
o(≧▽≦)oo(≧▽≦)oo(≧▽≦)o

残念ながら、石井さんのバルジャンは今回はありません。。。
オカズコンビ、すご~~くよかったのになあ~。



キャストを見ていたら・・・

突然!!!歌穂ちゃんの顔が(◎-◎;)


きゃあああああああああ!!!レミゼ20周年記念キャストですってぇ~~~(☆0☆)(☆0☆)(☆0☆)

前回2000年記念の時にもやったメンバーが再出演!!もちろん岡さんのアンジョルラスも見られます(T▽T)(T▽T)(T▽T)すっごいかっこいいんだよなぁ~~

発狂!!涙ものですっ!!
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-07-13 11:35 | 舞台
池袋芸術劇場に歌穂ちゃんのコンサートに行ってきました♪
今回も!なんと☆1列目☆しかも中央 (≧m≦)すごくうれしい上に、今回は両親へ母の日、父の日プレゼントとしてコンサートご招待を企画していたので、とってもいいプレゼントになりました!

今回はWoman&Womenというタイトルで、女性オーケストラ、女性指揮者の構成でした。
カラフルなドレスを着た華やかなオーケストラの皆さんが登場!キャンディード序曲を演奏の後、歌穂ちゃん登場でサウンドオブミュージックのメドレー☆第一部はミュージカル曲が続きます。
・・・きゃっ目の前~~~o(≧▽≦)o

まもなくウエストサイドストーリーのトゥナイトになり、スペシャルゲストの錦織健さん登場!
日本が誇るテノール。こんなにそばで有名テノールのまっすぐな歌声を聞いたのは初めてだったので、その美しさにもとっても感動~~(T▽T)

錦織さんは「ミュージカルのレパートリーはあんまりないんですよ・・・」といいながら、「あっ!今日歌うべき曲がありました!!」と、イギリスはリバプールのサッカーの応援歌、ミュージカルカルーセルの中からユール・ネヴァ・ウォーク・アローンを独唱~♪ステキな歌声に聞きほれているとき、歌いながら なにやら左手で右手のカフスの辺りをもぞもぞ・・・今度は左のカフスのあたりをもぞもぞ・・・・さらにはステキなタキシードのベストのボタンを外し始めたw(゜o゜)w!?なんだ??脱ぐのか?テノール歌手が??

More
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-06-22 22:52 | 舞台