interessante(インテレッサンテ)はイタリア語。英語のinterestingにあたります。


by pinkpinkchampagne
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:華道( 16 )

2012新春

f0051177_15155047.jpg
あけましておめでとうございます

2012年、久しぶりに家で年末年始を過ごしてしまいました。。
今年のお正月花は百合がメインのように見えますが、根引き松、竹、蝋梅が主役です!
蝋梅の良い香りが玄関中ずっと漂っています。

ご無沙汰のブログですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2012-01-05 15:18 | 華道
2010年も健康で素晴らしい1年でありますように。。
f0051177_20265775.jpg

[PR]
by pinkpinkchampagne | 2010-01-02 20:27 | 華道

いけばなの撮り方

f0051177_21511131.jpg
毎年恒例の「草月メンバーズデー」
2日間にわたり、草月会館に数多くの出品があったり、催しがあったりします。
今回私が申し込んだのは、「いけばなの撮り方講座」
Nikonの最新一眼レフを借りて、撮影大会もするとのこと。

講師はカメラマンの阿部秀之さん。
非常に声の通る、上手な指導でした。


f0051177_2151476.jpg普通に撮ると、どうしても作品の影ができてしまう。
いけばなはラインをキレイに見せたいものなのに、花や、特に枝の影が出てしまうと、記録として何か違うもののように見えてしまうケースがあるのです。
その影の消し方、そして、フラッシュを浴びて花材の表情がシャープになるのを防ぐ簡単な方法を教えていただきました。



これは一眼レフでないとできないのですが、手っ取り早いのは内臓フラッシュを白い紙で覆う。もしくは外付けのライトを上向きの角度にして、白い厚紙(天井が白ならそれを利用)を上にもってきて、そこに反射させて撮る。


今までは配置やぶれないように!などは気にしていましたが、影は諦めていました。
でも今回の講座でちょっとは出来るようになったので、今後はこだわっちゃいそうです!!

1時間の講義のあと、館内の作品を実際に撮ってみました。
習ったカメラの構え方で、バシバシ撮って!!

撮った写真は1枚はその場で現像。ほかはCDーRにして、送ってくれました。
こんなに上手に撮れました!
f0051177_2238720.jpg

[PR]
by pinkpinkchampagne | 2008-03-08 23:23 | 華道

草月いけばな展

新宿高島屋にて本日まで開催された「草月いけばな展ー未来への光」に行ってきました。

新宿高島屋のリニューアルと共に行われたこの企画。高島屋のスタッフの方々からも、心機一転の気持ちが感じられました。

f0051177_2218233.jpg
草月では毎年日本橋高島屋にて、秋に草月展を開催しています。春の企画は数多くないので、このような春の展覧会は、ちょっぴり新鮮な気分♪花材も変わってきます!!
f0051177_22201391.jpg











勅使河原茜家元は、2階に3点、11階の会場に1点と複数の出品。11階のものは、春らしい、鮮やかな色の花、そして、新緑の緑、そしてそれとは対照的に、いい具合に焼かれた黒い木を用いており、作品を一周するとそのコントラストがとても見事でステキでした。

f0051177_22225429.jpg

f0051177_22231715.jpg

f0051177_22233839.jpg

[PR]
by pinkpinkchampagne | 2007-04-24 22:01 | 華道
この度12月25日に、お正月花のワークショップを銀座にて開催させていただく事になりましたので、ご案内申し上げます。


クリスマスが終わるとすぐにお正月準備に追われる日本。
今年は松、千両、お花を盛大に飾って、和花で「日本のお正月」を迎えてみませんか。
★メインのお花は菊・葉牡丹・バラからお好きなものをお選びいただきます。
大切なお客様の訪問も多く、新しい一年の始まりを飾る大切な時期。
おめでたさを和花で演出してみましょう。


・なぜ松竹梅がおめでたい花材として飾られるの?

・お正月のお飾りのそれぞれの意味はなに?

などの、お正月に用いられる花材の説明も行います!!



★花材はお持ち帰り頂き、早速ご家庭でお正月用に飾って頂けます。


f0051177_15453814.jpg


【日 時】 2006年12月25日(月)19:00~20:30
【場 所】 東京都 銀座
【受講料】 2,800円 ☆薄茶・お茶菓子付
【花材費】 3,800円


お教室は、銀座のステキな新築マンションの一室です☆
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-11-27 15:46 | 華道
いけばなの基本スタイルのワークショップを行った。

本当に最初の基本をおさえるといった内容にしてみた。
説明、デモンストレーション、そして実際に生けてもらって、最後にお茶を出して終わるのに、1時間半では短かったな~というのが反省。。初心者用のレッスンということもあり、生徒さんにとっては慣れない注意事項も実はたくさんある。。。

それでもみなさん、一生懸命に生けていたので、うれしかった。
f0051177_20511910.jpg


少人数に設定はしているものの、一人一人見て周っていると時間はあっという間。。
今回のレッスンが生徒さんにとっての「生け花」のイメージになりうるだけに、責任重大!!コレを機に、興味を増していただけると、私としてもなんともうれしい。。

有り難い事に、頂いたアンケートには、あたたかい言葉をたくさんいただけたので、ほっとした。
これを励みに感謝し、今後ももっといいレッスンができるように、工夫をしなくてはっ!!
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-11-21 23:43 | 華道
日本橋高島屋にて行われている恒例の草月展にいってきました。

草月→斬新なイメージがありますが、今回もおもしろい作品が多数ありました。
気に入った作品を少し紹介したいと思います。

f0051177_21565261.jpg
空間と水をうまく見せているところがステキだと思います。



f0051177_21481273.jpg

綿とサンキライを使ったおもしろい作品。



f0051177_21494257.jpg

茜ジュニアクラス(18歳)の方のダイナミックな作品。


f0051177_21501939.jpg

川名哲紀先生グループの斬新な作品。足元には水があり、実が浮いている。とてもセンスが良い。



f0051177_21513634.jpg

紫地にイチョウの柄の着物をまとったようなオモシロイ合作。



f0051177_21522742.jpg

勅使河原茜家元の竹の作品。シンプル且つダイナミック☆

f0051177_2153217.jpg




f0051177_21533581.jpg



f0051177_21534955.jpg

お正月のようなめでたさが面白い作品。
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-11-10 21:55 | 華道

花からもらうパワー

普段どのくらいの頻度で花を飾るでしょうか?
花束をもらった時?花を買ったとき?


植木類ではなく、1本1本触れながら飾ること。
生きている植物を触ること、じっくり眺めることによって人は癒されます。


なかなか花屋さんに行って、「花」を買う機会はないと思いますが、お稽古をしていると必然的に使用した花材を持って帰り、定期的に家に花を生けることになります。これが暮らしに結構効く☆


花が飾られると家庭内での一言が変わるのです。

f0051177_1546358.jpg












生徒さんの作品

f0051177_15464526.jpg


お稽古での花材費は普段
1000円~1500円。
ちょっとしたプラスアルファーで作る癒しの存在「花」

飾る場所に合わせ、空間をとらえて立体的な構想を「植物」を用いて生み出すのが「生け花」です。
4~5日で枯れてしまうその命のはかなさも魅力の一つでもあります。

【 華道~ジャパニーズアート・基本のスタイルを学ぶ 】はこちらをクリック
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-10-31 23:45 | 華道
この度11月に、生け花のワークショップを銀座にて開催させていただく事になりましたので、ご案内申し上げます。


・生け花をやってみたかったけど、機会がなかった

・なんとなく敷居が高くて・・・

・アレンジメントをやっているので、比較として体験してみたい!

・大和撫子に一歩近づきたい♪

・お花を花瓶に飾るだけじゃ~なんか味気ない・・・

・飾ってみてもうまくまとまらない

・文化的なことにたまには触れてみたい

・生け花ってどんな感じなの??

・そういえばお母さんもやっていたなぁ・・・


・・・などなどお感じの方、是非この機会にご参加くださいませ。



【概要】

基本を押さえた上で、「和」の構成を学ぶ、草月流生け花のお手軽単発レッスンです。何をもって「生け花」のスタイルが作られるのかがわかります。
普段花瓶に生けるのとはかなり雰囲気を変えることができます!
また、生けたお花がより美しく見えるコツもおさえます。


★インテリアとして
★日本文化として
★アートとして
★癒しとして

お花を「生けて」みましょう。花とじっくり向き合って生けることにより、味のある作品が出来上がり、愛着が湧くことでしょう。おうちにお花が飾られていると、嬉しくなりますし、ご家族の方からもきっと喜ばれます!!
日本文化を手軽にご家庭に取り入れてみませんか?


12月にはお正月花のお稽古も行います。この年末は松をメインに華やかに飾ってみましょう。
お正月花はボリュームも増えますので、その前に基本の型で、「生け花の感覚」をつかんでみてください。

f0051177_1033493.jpg



【日 時】 2006年11月21日(火)19:00~20:30
【場 所】 東京都 銀座
【受講料】 2,800円  ☆薄茶・お茶菓子付
【花材費】 1,200円




お教室は最近リニューアルした、銀座のステキな新築マンションの一室です☆

お申込み、お問い合わせお待ちしております。
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-10-24 23:02 | 華道
10/10(火)に、銀座にありますフィニッシングスクールTiaraFactory
さんにて、生け花「秋のまぜさし」のワークショップを行うことになりました。まぜさしとは5種類以上の花材を用いて生けることです。
初めての方でも楽しく生けれるようなレッスンにしたいと思っています。


こちらのお教室は9月末からリニューアルオープン☆
私もまだ新しくなったサロンを拝見していないのですが、とっても楽しみです♪


ご興味ございましたら是非ご参加くださいませ☆
[PR]
by pinkpinkchampagne | 2006-09-14 16:26 | 華道